青砥高射砲陣地跡

平成30年6月 東京都葛飾区白鳥

京成線お花茶屋駅より15分ほど歩く。
かつて、このあたりには「青砥高射砲陣地」が展開されており、その痕跡が今も僅かに残っているという。ちょっと見物してみましょう。

青砥高射砲陣地跡

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」
http://mapps.gsi.go.jp/ 
写真番号:USA-R3163-40 

昭和24年09月07日米軍撮影写真をベースに該当部分を加工。
わかりやすいですね。高射砲陣地跡の台座がくっきりと写真として残っております。今回はABCDの4箇所を観察。

A地点。


かなりわかりにくいですが、砂利の駐車場の真ん中にうっすらと円形のコンクリート部分があります。この場所に高射砲台座があった、と。
うん。これは地味(に楽しい)散策です。

B地点。

駐車場内。
前述の米軍撮影の航空写真で、高射砲陣地が3箇所確認でき、高射砲が6台座ずつ配置され計18台座があったことがわかる。
その高射砲陣地遺構の中でも、ここが今でも一番わかりやすく残っている有名なポイント。
駐車場の中に円形の台座跡がくっきりと。

C地点。

路地の奥に。 かつての高射砲陣地の台座は、今はアパート貯水タンク台座として活用されていました。
なお写真は道路から望遠で。立ち入りは遠慮しました。一枚目写真はトリミング。
円形台座が目に見えるかたちで残ってます。

D地点。

現在は建物台座として使われているが、これも高射砲台座。
このエリアには他にも高射砲台座跡が残っているそうですが、私有地の奥などに当たる可能性もあり、公道から見える範囲はこのくらい。

生活に埋没している、ちょっとした史跡戦跡を見つけるのも感慨深い散策です