水交会あれこれ

戦前の水交社。戦後の水交会。

明治9年に海軍省外郭団体として創設した「水交社」は戦後に海軍省と共に消滅したが、昭和27年(1952)に、財団法人「水交会」として復興。
水交会」は、帝国海軍戦没者及び海上自衛隊殉職隊員等の慰霊顕彰・海軍の良き伝統精神の継承・海上自衛隊に対する支援協力を目的としている。

由来は、「莊子」 (山木篇) の「君子之交淡若水 」から。
「君子之交淡若水」「小人之交甘若醴」に由来。
「君子の交わりは淡きこと水のごとし」「小人の交わりは甘きこと醴(れい:甘酒)のごとし」

現在は公益財団法人「水交会」

公益財団法人水交会のWebサイトです。海洋安全保障に関する調査研究活動を推進するとともに、海上自衛隊への協力支援や先人の慰霊顕彰などの幅広い活動に取り組んでいます。

水交社 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%BA%A4%E7%A4%BE

水交会 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%BA%A4%E4%BC%9A

水交会ロゴマーク カラー
東郷神社のとなり、東郷会館に現在の本部があります。
水交会会員です
横須賀水交会(横須賀支部)所属

横須賀水交会
毎年5月27日 海軍記念日の日。
横須賀「海軍の碑」にて。
横須賀水交会にて「海軍の碑記念行事」が行われている。
水交会ロゴマーク&波(名刺用) カラー

終戦とともに当時の水交社は解散し「水交社本部」はフリーメイソンによって占拠される。昭和56年に跡地に「東京メソニックビル」が建設され、一室には水交社時代の応接室が再現されているという…

かつて水交会本部のあった地
現在の「東京メソニックビル」

余談ですが、

海の水交会に対して、陸は偕行社。

偕行会は帝国陸軍将校及び陸上自衛隊のOB会として機能している。

水交会は帝国海軍及び海自関係者が大半。

旧海軍及び海上自衛隊関係者(それぞれの配偶者を含む)以外の方の入会申込みにあたっては会員1名の紹介を必要とします。

https://suikoukai-jp.com/suikoukai/admission-guide/procedure/